MENU

シミケア用サプリメントの成分

シミケア用サプリメントに使われている成分についてご紹介します。
シミについては、紫外線や活性酸素、炎症に効く成分が、有効成分です。

 

まず、紫外線対策としては『シダ抽出物』があります。
シダから抽出した成分には抗酸化作用があり、紫外線によるDNA損傷を減らす働きがあります。

 

活性酸素には、レスベラトロール・リコピン・アスタキサンチン・ザクロ・ピクノジェノール・アサイーなどが役立ちます。いずれも高い抗酸化作用を持っている成分で、活性酸素の除去に有効です。
とくに、ピクノジェノールはビタミンCの340倍もの抗酸化作用があると言われています。
また、ビタミン類も役立ちます。中でも、ビタミンA、C、Eが活性酸素に有効です。
ビタミンEがこの中でも特化しており、細胞を活性酸素から守る作用も持っています。

 

同じように、補酵素も抗酸化作用がある種類があります。
たとえば、『コエンザイムQ10』『グルタチオン』『L-システイン』です。
コエンザイムQ10は抗酸化を促進し、グルタチオンは抗酸化力が強いです。L-システインには解毒作用もあるため、サプリによく使われています。

 

炎症対策としては、オメガ3脂肪酸のDHAやEPAが役立ちます。
DHAは抗炎症作用、EPAは炎症因子を抑制する働きがあります。このほか、『ポリアミン』という成分にも抗炎症作用があります。

 

ここで紹介した成分の中には食品に含まれているものもありますが、ほとんど摂れない成分もあります。だからこそサプリメントが活躍します。